読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実感

こんばんは、たれちです。

今日のお昼はちょっと暖かかったですね!

厚着していったので失敗でした…


昨日の夜、とある課題をやっていたのですが、久しぶりに紙に記述するレポート課題で、いつもより勉強したなあと感じました。

 

 

今じゃほとんどがWordとかExcelを使ってレポートを作成して、メールや大学のサイトで提出というようなものだと思います。

昨晩せっせとレポートを書いていたのですが、終わった後の達成感は普段の数倍はあったかというくらいです。

PCでレポートを作ると、ほとんど頭を使わなくても書けてしまうものってありません?

「勉強したなあ」という実感が強く湧くのは、やはり紙とペンですね。

僕の好きな小説の1つに、「マイクル・クライトン」という人が書いた「スフィア」というものがあります。

深海で発見された宇宙船を米軍と民間の研究者が協力して秘密裏に調査を行うという趣旨の小説なのですが、作中に登場する人物の中に、ハリーと呼ばれている天才数学者が出てきます。

「やっぱり数学は紙とペンだよ。これが一番だ。」

ハリーの作中の言葉です。

たしかにそうだなあと思いますね。

今や誰もがパソコンを持っていて、かつ様々なアプリケーションがネットに出回っている中、紙とペンで勉強をするのは良いことだなあと改めて実感しました。


みなさんも小学生や中学生のころ、せっせと感じや英語の単語を何度も何度も紙に書いた経験、あると思います。

まさにあれこそ、「勉強」だったんじゃないかなと思います。


信じられないですが、世の中には大学生にもなってレポートの作成を親に手伝ってもらう人もいるようです…

片や、満員電車に揺られながらも、一生懸命単語帳を見ている学生もいます。


なんか、すごくおじいちゃんのような目線になったw


前者の学生は、社会に出て相当苦労するでしょうね。


自分もこの先社会で苦労することは覚悟の上ですが、今のうちに少しでもその苦労を味わっておきたいとも思います。


若いのが社会を語るとホントに苦労されてる方に怒られそうなのでこの辺にしておきますかw
大口叩いてすみません。


勉強の話からとんでもないところに話が飛んでいってしまった。

 

社会だなんだ行ってる時間があったら勉強しろって話ですねw

 

勉強ばかりがいいとは思いませんけどね。

 

難しいところです。

 

今のうちは、勉強頑張ろう。

 

以上!