読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将来のことを考えてみたり

今日、駅の階段を上っているとき、自分の前を母親らしき女性が、子供らしき小さい女の子を連れて階段を上っていたのを眺めながら、自分も階段を上っていた。

 

ロリコンだ!と摘発されたら、おそらく捕まってしまう。

 

ただ、そういった己の劣情のために見ていたのでは決してない。信じてください。

 

だけど、なにかこう、愛おしさがこみ上げてきた。
自分にはどんな子供ができるんだろうかと、そんなことを考えてしまった。


自分には、彼女は愚か、ここ数年同世代の女性とまともに話していない。
夢のまた夢、そのまた夢のような考えだと、自分でも思う。


どんなお嫁さんができて、どんな子供ができるんだろうかと。
子供と何して遊んであげようかとも。

 

乗り換えのためにさっきとは別の駅に向かいながら、同世代の女性を見かけて、あんな人がいいとか、こんな人はちょっと嫌だなんて考えていた。
傍から見たらただの変態でしかない。自分でも気持ち悪いと思う。


だけど、お嫁さんも欲しいし、子供も2人くらい欲しいと思う。男と女一人ずつ。

 

彼女は欲しいかと言われると、そうでもない。
お嫁さんがほしいのだ。

家に帰って、手料理を作ってもらうのが夢の中の一つ。


上手いヘタとか、そんなものどうだっていい。
作ってもらうことが重要なのだ。

一緒に作ってもいい。自分は不器用だからああだこうだ言われながらも、少しでも手伝えればそれでいい。

そして作ったご飯を一緒に食べる。

最高じゃないの。

 

ここで「えー料理作るのめんどくさいんだよ」なんていう女性は大却下である。アウトオブ眼中。お帰りください。

 

いや、まずは彼女作れよって思ってるそこのあなた、ちょっと黙って読んでなさい。

夢くらい語らせてください。

 

 

さっきも言ったが、彼女はいらないのだ。

他人の惚気話を聞くだけでも女性側が品定めをしているのが見え見えで聞いててこっちが悲しくなってくる。

 

この人と共に人生を歩んでいくと決心をすると、女性は変わるという。

その変わったあとどうなるかが、男性の視点からみて良い方向であってほしいと思う。

 

男性が変わるのもあるだろうけども。


いきなり冷める人もいれば、より一層愛情が増す人もいるらしい。
誰にとっても後者がいいだろう。


だけど相手がどうなるのかはその時になってみないとわからないし、そのときは決心したわけだから、もう引き返すことは出来ない。

 

だけど、付き合おうが結婚しようが、ケンカしようが何しようが、相手のことが好きかどうかが一番大事だと思う。

 

それがなければ、やっていけないと思うのだがどうなんだろうか。

 

お嫁さんがほしい。

ただその一点でこんなところまで書いたけど、話が大きすぎるだろうか。

 

想像だけならいくらでもしていいよね。

想像だけじゃなくてここに書いちゃってるけども。

 

たまにはこういうこともアウトプットしたい。

あとで後悔するんだろうけど。

その頃にはもうこんなもの忘れてるだろうか…