読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後悔するとわかっている

「後悔するとわかっている」

 

という言葉、モヤモヤっとする言葉。

 

「後悔」というのは、ある事を行った後に「あれはやらなければよかった」と悔いるから「後悔」ですよね。

その後悔を、ある事を行う前にわかっているって、ちょっと矛盾がありそうな予感。

 

でも、「ある事を行ってから後悔する」ことを事前にわかってるだけのことなので特に問題はない。

 

日本語って本当にややこしい。

色んな表現がありすぎて困っちゃいますよね。

 

今日はそんな後悔についての記事です。

 自分は以前に、こんな記事を書きました。

tarechilog.hatenablog.com

 

1ヶ月位前ですね。

 

ザーッと自分の過去の記事を見ていく途中でこの記事に当たったのですが、読んでてホントに気持ち悪いなと。。。

 

 

自分がこんな文章を書いてると思うと滑稽でならないですね。

こんな記事書いてめちゃくちゃ後悔してます。

 

しかも、記事の最後の方に「あとでこの記事を見たら後悔するんでしょうね」みたいなことが書いてあって、「本当に後悔してるよ」と、1ヶ月前の自分に言いに行きたいくらいです。

 

記事自体を消そうかとも思いましたが、こういうのは読む時の心理状態にも寄るので一応残しておきました。

この時の自分は、後悔するとわかっていても書きたかったのでしょう。

 

あと、ですます調をやめると言って書いていた時だったのですが、なんかものすごく偉そうな感じが出ていたので、今後はですます調を織り交ぜながらやっていくと、物腰柔らかかつ丁寧な感じも出せるのではないかなと。

 

読んでて不快になるのはちょっとね。

 

読んでてくすっと笑える要素がある記事が書きたいですね。

普通の記事でさえ書くの難しいけど

 

なーんか書いてるとどうしてもしんみりしてきちゃいますねー。

 

明日もなるべく早起きだなっ!

 

おやすみなされー