読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一風変わったレンズを買ってみました

タイトルのとおりでございます。

 

OLYMPUS BCL-1580という商品名。

 

f:id:Tare_chi:20170220005916j:plain

 

こんなモノです。

 

世間的には、「キャップレンズ」と呼ばれているそうで、ボディキャップのように薄いレンズというのがコンセプト。

キャップとしての機能もあるので、このキャップレンズを付けたままポケットにインすることもできちゃうわけです。

 

レンズ本体に、”OLYMPUS LENS 15mm 1:8.0”とあるので、焦点距離15mm、F値は8.0となっています。

かなり暗いレンズ。

外などの、光が多い場所でないと、撮影は難しいです。

 

しかし、日中の外などの明るい場所の撮影であれば全く問題ありません。

また、ピントの調節はごく僅かですができます。

ツマミを使って無限遠に設定すれば、インスタントカメラのようにピントを合わせずに撮影をする形になります。反対に、0.3mの側にツマミを設定すれば、ある程度の近距離撮影ができます。

 

対物より、風景を撮ることに向いているかなと感じました。

一般的な単焦点レンズと比べると、暗さやボケの弱さなど、こだわれる部分は少ないです。

 

ふらっと散歩にいくときのオトモはこれでも良いかもしれません。

 

望遠ズームは持っているので、これで広角もカバーすることが出来るようになりました。

 

望遠ズームだと、場所を同じにして今まさに自分の目で見ている視界と同じ画を撮ることが出来ないので、こういった広角レンズは日常を切り取るのにバッチリなレンズですね。

 

起動してカメラを向けてすぐにシャッターが切れるのは、どんどん撮影ができるので楽しいですね。

さらに、色味を変えたりモノクロにしたりと、カラーバランス面で遊ぶこともできるかなと。

 

しばらくはキャップレンズと望遠ズームの2本使いになります。

 

次は光学ファインダーがほしいなー…

 

 

数枚、キャップレンズで撮った写真を載せておきましょう。

 

f:id:Tare_chi:20170220010013j:plain

f:id:Tare_chi:20170220010029j:plain