読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メイン?サブ?

今、自分の心の中が戦いの渦中にあります。

 

「2台のカメラのうち、どちらをメインにするのか」

 

争っているのは、「Nikon FM10」と「OLYMPUS PEN Lite E-PL2」の2台。

 

FM10は、一眼のフィルムカメラです。レンズは、標準ズームのみ。

 

E-PL2は、ミラーレス一眼のデジタルカメラ。レンズは、望遠ズームとキャップレンズ(広角)。

 

どちらをメインで使うようにするのかを、今迷っている段階。

そこで争いが生まれているというわけなのです。

 

「どっちでもいいだろ!」っていう声は聞かないことにします。

 

そもそもなんでこんなに迷っているのかを整理しましょう。

双方の意見をまず聞きましょう。

 

 

FM10の方は、先程も言ったとおりフィルムカメラ

撮影した写真の色合い、風味がとても良いし、露出計を基にシャッタースピードや絞り、ピントを調整しながら撮影するのがとても楽しい。

また、シャッター時の音がとても気持ちいい。

あと、ファインダーを覗きながらの撮影は、「カメラ使ってるな」感があるのですごく好きです。

 

しかし、頻繁にフィルムを買わなければならなかったり、画像のデータがすぐ手に入らなかったりと、手間がかかります。そこにお金もかかると。

それと、レンズも標準ズームしか今のところ持っていないので、撮影時に合わせてレンズを変える等の一眼レフならではの楽しみは今のところありません。これに関しては標準ズーム1個あれば十分な気もしますが。

 

 

では次、E-PL2。

こちらは、今や主流となっているデジカメ。かつ一眼でありつつ、コンパクトにするためにファインダー用のミラーをなくした、ミラーレス一眼。

撮影した写真はSDカードに記録されていくので、好きなだけ撮って構わない。撮影したデータも搭載されているディスプレイですぐに確認ができ、SDカードを使ってPCにすぐに移して編集することも可能。手軽さの面ではフィルムカメラは勝てないですね。

また、コンパクトなため、持ち歩きもかなり便利です。

 

写真は、色合い、風味を自分で設定できるが、フィルムカメラの感じに寄せるのは簡単ではないです。

また、データが多いと編集もその分大変になる。

さらに、これは本当に自分のミスなんですが、買った時のレンズが望遠ズームだったんです。

この望遠ズームというやつ、初心者にとってはかなりクセ者で、「あ、この画角良いな」と思ってカメラを向けても、視野が狭いので入り切らないんです。自分がカメラごと下がれば良いんですが、状況によっては下がれない場合も。この視野に慣れてしまえばこっちのものですが…。しかもキットレンズなのでショボショボです。

あとこっちはファインダーが無いのがやはり…。

 

と、ざっくりこんな感じでしょうか。

まだまだ語れる部分はありますが。

 

気持ち的にメインにして使っていきたいのはFM10。だけど、手軽さの面でE-PL2に押されている感じ。

 

 

ただ整理していて思ったのは、E-PL2の使用環境を良くすれば終戦するな…と。

 

実は、E-PL2の上に取り付けられるファインダーってあるんです。

しかし、中古で\15,000ほど。

気軽にポチできる金額じゃないんですよね…。

 

ディスプレイでも撮影できないことはもちろん無いんですが、日光下などでやはり見づらい…。

ピント合わせがしづらくなるので、かなり痛手の場合も。

その点、レビューを見た限りではファインダーのほうが撮影は楽だそうな。

見た目も、ファインダー覗いて撮っている方がそれっぽいですよね。

 

いつのまにかファインダーの話に。

 

レンズもそうです。

望遠ズームしか持っていないので、欲しくなるのは単焦点レンズか標準ズームレンズ。

とくに欲しいのはやはり単焦点レンズ。

ズームが出来ない代わりにF値が小さいので、キレイな背景ボケや、多少暗いところでも撮影ができます。

望遠ズームもボケは良いんですけどね。

 

望遠ズームを普段で使っている初心者の方はあんまりいないですよね…。

 

 

今回の件、「E-PL2をメインに、FM10をサブに」という判決にて、一時停戦。

 

今後E-PL2を使っていてあまりにもファインダーが欲しくなってきたら、アクセサリのファインダーを買うか、FM10 をメインにします…。

 

終戦はない気がしてきた…。