読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

油断大敵

油断大敵。

最近、慣れの恐ろしさに気付かされました。

 

脳は、「いろんな事を無意識のうちに出来るように学習する」ように作られているそうです。

 

いわゆる「慣れ」ですね。

 

例えば歯を磨くとき、「どの歯から磨こうかな」なんて考えながら歯磨きを始める人はそうそういないのではないかと。

 

人はどうしても物事に慣れてしまう。

 

 

慣れるということは、作業的(無意識)になりがちだと考えられます。

 

それ故、意識は他に向かってしまう。

 

そして最後には、自分にとってマイナスな方向に進んでしまうことも。

 

慣れて良いこともあるけど、下手をするととんでもないことになりかねないほどの危険性も孕んでいる。

 

恐ろしいもんです。

 

さっきの歯磨きなんかは別に気にしなくてもいいですけどね。

 

見極めは自分の目と頭でしっかり見極めましょうね。

 

これがまた難しいんだなぁ…