読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分にとってのSNS

はてなブログを徘徊していたときのことです。

こんなことを言っている人がいました。

「インターネットは生きていることが楽しくて仕方がない人が使っているんだ」

と。


一理あるかもしれない。

だけど自分からみればこれは間違いだ。

ここ最近、SNSを使っているときにふと思うことがあります。

それは、自分をどこか孤立した場所に置きたいとき。

現実逃避とも言えます。

今ある現実からどこかに逃れたい。
だけど、物理的に自分が何処かに行くことはできない。

そんな時、SNSほど便利なものはないですよね。


スマホやPCを点けて、アプリケーションを開けばすぐに逃げることができる。
そしてSNSには、必ず人がいる。

自分の好きなようにつぶやいたり、人と話したりすることができる。


何もないところに自分1人だけポツンといられる場所なんだけど、すぐに誰かと繋がることができる。

こんなに安心できる場所はなかなか無い。

現実で、周りに気を使わなくてもいいところで、誰かと繋がることができる。


生きていることが楽しくて仕方がないことをつぶやくのも大いに結構。


だけど、現実逃避をしたくて使っている人もいる。

1人でいながらも、自分の気がしれている人とすぐに繋がることができる。

こんな素敵な場所、最高じゃないですか。

自分にとってはね。