読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふと考えてしまう癖

癖って、人それぞれでありますよね。

 

自分は、とても暇な時、つい考えてしまうことがあります。

 

例えば、友人を待っている時や、病院の待合室で自分の順番を待っているときなど。

スマホをいじるのも飽きてしまった。

 

そんなときにふと、「あと6時間後の自分は何してるのかな」などと。

 

昔からこの癖があって、長時間一人でいて、何もやることがないときなんかは考え始めることが多いです。

何をしているのか、という問いかけにとどまらず、何をしているのかを実際に考え始めます。

いつものこの時間なら、あれをしているな…今日はこれをやってるかもしれん。

 

などなど。

 

だいたいそんなこと考えてると、待っていた友人が来たり、自分の順番が来たり。

そうなれば考えていたことはどこかにすっ飛んでいきます。

 

何を考えていたのかすっかり忘れてしまう。

小さい頃から、「数時間後に自分は何をしているか」について幾度となく考えることがありましたが、考えた通りになっているのかを確認できたことは1度もありません。

 

今日も考えてました。

てんやにご飯を食べに行ったのですが、なかなか注文していたものが来なかった。

スマホをいじるのも飽きてしまった。

今日は、4時間後に何をしてるかについて考えてました。

 

でもご飯が来てから何を考えてたか綺麗サッパリ忘れてしまったので、どんなことを予想していたかは覚えていません…。

 

ただ、考えてる最中に、「あ、これ今日のブログのネタにしよう」と思って、GoogleKeepにキープしておいたのでこのことは覚えていました。

 

ホントこの癖なんなんでしょうね。

 

自分は楽しいのでいいんですけど。考えてる間はなんか不思議な感覚なんですよね。

ものすごく中二病っぽく言うと、「時空を飛び越えてる」感じ。

 

普通に言うと、「自分の生活を自分が覗いてる」感じ。

バック・トゥ・ザ・フューチャーみたいなものかな。

 

あれって、デロリアンで過去や未来に行って自分の姿を見るシーンもあるじゃないですか。

絶対に見つかっちゃいけないんだけど。

 

あんな感じ。

数時間だけ未来の自分を覗いている感じ。妄想なんですけどね。

数分後には忘れちゃうんですけどね。

 

 

なんか不思議だなと思ったのでざっくりと書いてみた次第です。